On Demand

専門的な内容を
誰にでもわかりやすく。
はじめての方から
多くの学びを体得している方まで。

動画コンテンツ

 

ブッダスクールの動画コンテンツを提供。

大きな人生の変化は、小さなきっかけから始まります。時にはたった2時間のワークショップがあなたの人生を大きく転換させることがあるでしょう。専門的な内容を誰にでもわかりやすく。はじめての方から、多くの学びを体得している方まで。こちらの動画からスクールのエッセンスを体験できます。


  

毎月1回、配信!

Essential Workshop

エッセンシャルワークショップ

エッセンシャルワークショップ Vol.1
「富士山の噴火とこれから起こる人間の意識変化」

配信開始:2021年4月8日
視聴時間:約2時間
視聴期限:2021年12月31日まで
視聴料金:3,300円(税込)

視聴する

ワークショップ内容(クリックで展開)

 
エッセンシャルワークショップ
初回の今回ですが、テーマとして「富士山の噴火とこれから起こる人間意識の変化」としました。

美しい円錐形の形を持つ富士山。私たちにとって富士山は特別な存在です。竹取物語のなかでは、富士山は「不死山」として表現され、私たち日本人にとって永遠性の象徴でもあり、無意識の奥深くにどっしりとかまえ、心の根底を支え続けているもの、といえるでしょう。

もしあの富士山が噴火したらー。

そのようなシュミレーションはこれまで確かに何度も繰り返されてきました。

そして富士山の噴火は「起こるか・起こらないか」というものではなく、「必ず起こる」というカテゴリーに入る、と科学者たちは警鐘を鳴らし続けています。

そしてもし富士山が噴火した場合、火山弾による富士山周囲の被害に始まり、関東首都圏一帯に火山灰が降り注ぎ、火山灰による塵肺や失明など健康被害、電気水道ガス、インターネットなどITの切断といったライフラインの切断を始め、経済にも甚大な被害を及ぼすとされています。

またコロナウィルスの影響下ある現在、さらなる感染などの二次被害も起こりうるでしょう。
しかし私たちは「昨日と同じことが明日も続く」という意識を持ち、目に見える数字や成果を相変わらず追い求め続けています。しかし富士山の噴火が起こった際、おそらく二種類の人間がいることに私たちは気がつくでしょう。

それは「現実を変化するもの」としてとらえているのか、それとも「現実を変化しないもの」としてとらえているのか、です。

もしあなたがいまこの文書を読み、「知っておけば、いまの生活を維持できるかもしれない」と思うなら、それは「現実を変化しないもの」としてとらえている人と言えるのかもしれません。

つまりシンプルにいえばこういうことです。

あなたは変化を生きることができるのか、それとも目の前の現実にしがみつくのかー。

おそらく次に起こる富士山の噴火のイベントとは、私たちの存在そのものと関わるものといえるでしょう。

今回のワークショップではまず富士山の噴火についてのリーディング情報と、科学的見地からの時期の予想。そしてまたブッダスクールの根幹となる「人間の意識の構造」についてお話しします。

そして富士山の噴火というイベントを前提に、現場にしがみつこうとする意識と、まったく新しい変化を起こすことができる意識についてお伝えし、「常に変化する現実をどんなふうにとらえ、どんなふうに生きていくことができるのか」というテーマを取り上げていきます。

また「これから起こりうる変化」をあなた自身が生きるための非常にシンプルかつパワフルな瞑想とワークを行なってきます。

災害を取り上げているので、やや緊張感があるように感じるかもしれません。またこういったテーマでは、不安や恐怖を煽り、特定の信念へと誘導しようとするグループや団体があることもまた事実でしょう。

まず私のスタンスとして今回のワークショップはそういった目的では一切行われない、といったことを断言させてください。

その上でなぜ誤解をうけるようなテーマを扱うかといえば、コロナウィルスの影響によって私たちはいま人間のありようを問われている真っ最中であり、人間の意識のありようを知ることで、ただ単に「回避する」という目的を持つのか、それとも「それを含んだ上で、変化していく」という目的を持つことができるのかという、大きなチャンスではないかと感じるからです。

そのような意図から、批判は覚悟の上で、このようなテーマを取り上げました。

ご縁のある方、どうぞご一緒できればと思います。


 

360°視覚 Workshop

脳科学+秘教

360°視覚ワークショップ
「視覚による意識拡大」

配信開始:2021年5月4日
視聴時間:約4時間X2日分(計約8時間)
視聴期限:購入日より3ヶ月間
視聴料金:27,500円(税込)

視聴する

ワークショップ内容(クリックで展開)
 
視覚。

2021年5月現在の私たちにとって、視覚が重要な要素であることは誰もが疑う余地はないでしょう。
コロナの影響は止まることを知らず、コミュニケーション、生活、学習などあらゆるすべてがオンラインへの移行を果たしつつある現状に私たちはいます。
そのような状況のなかで、最も使用されるものは「視覚」です。

このワークショップは視覚をアップデートするための二日間のプログラムです。

脳科学の領域では、「人間の脳は圧倒的なポテンシャルを持っているにも関わらず、ほとんど使用されていない状態であり、その機能をすべて生かすことができたら、想像を超える世界が広がっていく」と言われています。人間が通常使用している視覚領域は非常に狭く、光のスペクトルのごく一部のみを捉えることしかできません。
またその視覚領域と対応するかのように、通常私たちは、自分の目の前の現実と主観的な領域にのみフォーカスを当て、ただ毎日同じことを繰り返し、生活を続けていくことのみを目的にしているかのように振る舞っています。

現代の脳科学では、人間の知覚をテクノロジーによってアップデートしようとする試みが行われています。AR(現実拡張装置)の発達により、たとえばインターネットの情報をコンタクトレンズに映し出し、視覚情報を根本から変えてしまう、といった未来すぐそこまできています。

しかし問題は私たち人間が、自分自身の脳に秘められた力の使い方をしらないということです。

たとえるなら、三輪車の乗り方を覚えたばかりの3歳の子供に、F1のレーシングカーを与えても、使い方がわからないばかりか、危険であることは間違いありません。同じように、テクノロジーだけが発達しても、それを扱うソフトウェアとしての私たちの脳が開発されなければ、その真価を生かすことは難しいでしょう。

古来より伝わる秘教的体系・神秘主義・シャーマニズムなどでは、現代のような外的なテクノロジーによる意識の変容ではなく、特定の手法によって、脳に眠る機能にアクセスし、活性化させる、という内的アプローチによる意識の変容を伝えています。
つまり現代では失われているもう一方の意識の方向性―ソフトウェアとしての脳のポテンシャルを開花させる―について、古来の賢人たちは研究を重ね、成果を重ねてきたといえるでしょう。また秘教体系のなかでは、視覚による脳の開発というテーマは、非常に重要なトピックとして扱われます。

そして最終的に、人間は360°の視覚を持つことができ、自分自身を外から眺めることが可能である、としています。

もしあなたがそれを一度でも体験したなら、人間の脳は物理領域を意識するために作られているのではなく、途方もない可能性に満ちているということをはっきりと悟るでしょう。

これら秘教的体系とは、現代のスピリチュアルビジネスの流行によって、時には前時代的な迷信や、宗教的な盲信であるかのようにみえることもまた事実です。しかしそこだけにとらわれてしまうと、秘教の真価にはたどりつくことができません。外的なアプローチによる意識のテクノロジーの開発の方向性としての進化を中心とする現代科学と、内的なアプローチによる意識の開発を行う秘教体系とは相補的な役割を持つ、と言えるでしょう。

前置きが長くなりました。
このワークショップは、これから一気に加速するオンラインテクノロジーの発達のなかで、脳科学+秘教のエッセンスによるワークを行い、人間の視覚野と脳を内的に開発することで、意識の知覚領域を拡大し、特定の情報にとらわれず、物理次元を超えた、変幻自在な視座を獲得することを目的としています。
まず脳科学からの視座と秘教的な視座からの講義を行い、脳の開発によってどのような意識の変化が起こるのかという、具体的な内容をお伝えしていきます。
また今回は、講師・齊藤つうりと、秘教的ワークの探究者の野口裕也さんとのコラボレーションとしてワークを行っていきます。
視覚による脳の開発、とは非常に奥深いテーマではありますが、今回のワークショップではシンプルでありながら、すぐに効果が現れる手法と、長期間継続して行うためのワークをお伝えしていきます。
脳の開発というテーマだけではなく、テレワークにてパソコンを眺め続ける毎日の方、仕事と日常の切り替えが難しい方、体を動かす機会が少なく、この一年で体調を崩された方にも、お勧めしたい内容となっています。

またこのワークショップは後日ストリーミング配信を行います。当日その時間の参加が難しい方も問題なく受講していただくことが可能です。

野口裕也さんからのメッセージ

現代は、スマートフォンが普及して一日中に渡って目を酷使している方が増えました。
目を酷使すると、神経が興奮状態になり呼吸が浅くなり免疫力の低下をもたらすばかりでなく、腎臓の気が消耗されて生命エネルギーが失われることへと繋がります。 スマートフォンやパソコンの画面、人の注意を集めることを目的に作られた様々な看板など、これらの対象にフォーカスを合わせることに慣れてしまった目は「木を見て森を見ず」の状態に囚われてしまいます。
本来、人の目は全体を同時に観るように出来ています。 大自然の中で育った原住民やシャーマンは、本来の目の使い方を保持している数少ない人たちです。このような「全体を同時に観る」という目の使い方を思い出していくと、それは間違いなく心の在り方や精神的な視野に影響をもたらします。
「空間視座」は誰にでも簡単にできるエクササイズですが、すぐに効果を感じていただけると思います。目を酷使している現代人にとって、非常にニーズが高いエクササイズでしょう。

“野口 裕也”
BLUE JADE PATH 代表
元クンルンネイゴン公認
Apprentice(KUNLUN®Apprentice)
錬金術・調香師(Âlchemist・Përfumer)
HP:Bule jade path

ワークショップ概要/期待される効果
 
人間は本来360°を持つことが可能である

思考の癖、思い込みの習慣からの自由を得られる
脳科学と神秘学の両方の見地からの視覚開発
脳のポテンシャルを解放する秘教・シャーマニズム
視覚が広がることで、思考の癖、思い込みの習慣からの自由を得ることができる
薔薇十字団による視覚野と松果体活性化のワーク
シャーマニズムによる「分身」と無意識の領域のガイド
安全にサードアイを開発する手法

本来の視覚の使い方
眼球と腎臓のセルフケア
視神経と背骨の繋がりを探究する
右眼が観る世界と左眼が観る世界
空間視座<初級>メソッドワーク
存在と知覚の自在性を高める瞑想法
顔や全身の歪みが深部から整う
重力と調和して立ちやすくなる
深い呼吸ができる身体になる